アナンダジアオンラインショップ > 「ヂェン先生の日常着」染め重ね企画 次回は6月初旬受付開始

moily モイリー かご カンボジア ラペア 池宮

 

お気に入りのヂェン先生の日常着、色褪せてきていませんか

 

ヂェン先生の日常着は、愛用すればするほど生地も柔らかくなって肌なじみもよくなりますが、同時に退色もしていきます。

その変化も楽しみの一つではありますが、さらに長くご愛用いただくために染め重ねてみることを選択肢の一つに入れてみてください。

 

ANANDASIAが依頼している日本国内の染め屋さんでは、染め子さんが色を丁寧に調合し、回転式の染色機を使って数十枚の衣服を染色しています。

ヂェン先生の日常着の生地を使って染液の色を決め、この染液で日常着を染め重ねることで、元来の日常着により近い発色が実現しました。

生成や同色を染めればイメージ通りの色に、元の色が異なる日常着の場合、混色となって変化する未知の仕上がりになることでしょう。

 

私たちはこの染め直しのサービスを「染め重ね」企画として定期的に行っていくことにしました。

同じ色の日常着の染め直しとして、違う色の日常着のイメージチェンジとして、染め重ねをしてみませんか。

 

色を繊維に入れるためには染液は高温になりますが、生地ができるだけ傷まないような染め剤を選びます。

色味を定着させてから衣服を洗浄し、自然乾燥。

しっかり乾かした後にプレスを行い、お手元へお送りします。

 

※工程で高温液に触れるため、生地は収縮します

 

【2024年 染め重ねスケジュール】

 

 

 

 

※予定は変更となる場合がございます

 

 対象        :惠中布衣創工作室(台湾)制作の「ヂェン先生の日常着」に限る(購入店舗不問)

 

染め色    その都度お知らせ 

ご依頼頂いた衣服をまとめて日本国内の染色屋さんへお願いし、小型染色機で染め重ねをします。

台湾のアトリエと同じ規模の染色機で丁寧に染め重ねをしてくださいます。

 

料金         :一着につき 

     3,000円(税込)+ 返送料500円

 

納期         :到着締切日よりおよそ1か月~2か月ほど

 

ご依頼の流れ

①染め直しサービスを依頼する服の枚数分カートにいれ、決済手続きにお進みください。(納期が異なりますので通常商品のご注文とは別にご注文手続きをお願いします。)

②ご注文確認メールにてご案内する発送先に依頼する服をお送りください。(依頼する服は洗濯済みとし、しっかり乾燥させてください。お送りする際の送料はご負担ください。)

③染め直し後、メールにてご連絡のうえ、お預かりした衣類を発送します。

 


 

こちらは皆様の日常着をお預かりして国内の物屋さんに直しを委託するサービスです。

注意事項をよく読み、納得の上ご依頼ください。

 

染め作業開始以降のキャンセル・返品ができないことご了承ください。

 


 

[注意事項]

 

〇元来の色味が染め色に影響します。染め直し前には染め直し後の色味を完全には保証できません。返金できませんので、ご理解ご了承の上ご依頼ください。

 

〇個体認識のための識別番号をつけるため、製品に直接安全ピンを使わせていただきます。

 

〇染め直しの際、色ムラが発生する場合があります。これは着用を繰り返すうちに付着した成分により繊維が変化するためで、染色してみないとわかりません。(特に油滲みなどは、染色むらとなる場合があります)

 

〇ボタン部分はほとんど染まりません。またポリエステル糸などで修繕されている場合、その部分の糸は染まりません。

〇染め直しにより工程上縮みが発生します。洗濯回数が多いものほど縮みは少ないです。

〇依頼される衣服は「洗濯済み」でお願いいたします。汚れ部分は色が変色しますのできれいに染まらない場合があります。

 

染め直しは実際に染めてみないとわからない要素がありますので、ご希望通りに染まる保障ができません。1度染色した衣服を元のの状態に戻すこともできませんので、ご了承の上お申し込みください。